お尻が痛い クッション 運転

座っている時間が長い方の腰痛対策にソルボ薄型クッション

1日の中で座っている時間が長い方、お尻が痛い対策
ソルボ薄型クッション

 



 

現代社会に生きる私たちは、意外と座っている時間が長い気がしませんか?
例えば万歩計を付けて、1日に歩く目標を定めている方がいるという事は
それを物語っていると思います。
あるテレビ番組の調査によると、日本人の1日の座っている時間の平均は
8〜9時間、多い人では11時間にも及びます。

 

事実、昔の人は生きるために働くことは立って動くことが多かったのです。
しかし、世の中の機械化と伴に、田植えも稲刈りも農機具に乗ったまま
行えるようになり、また、工場でのものづくりも、機械の傍で座って行う
単純作業が多くなりました。

 

特にここ20年程は殆どの作業がコンピューター化され、さらにパソコンの
普及によってその状況は更に事務作業にまで及びましたが、処理速度が
早くなっても、却ってデータ量が増えたため、座る時間が短くなることは
ありません。

 

また、自動車の普及によっても長時間座ったまま移動することができ、
サラリーマンの業務体系も大きく変化しました。
昔は列車やバスの乗り換え時に、少しでも立って歩くことがありました
が、車移動によってその機会も減っています。

 

しかも、ゴールデンウィークや夏休み、年末年始の帰省シーズンには
高速道路は長い区間にわたって大渋滞!
パーキングエリアまでもなかなかたどり着けません。
体への負担はますます「大」です。

 

渋滞

 

そこで問題になるのが「お尻が痛い」ですね?
硬いところに座っていればお尻が痛くなり、軟らかすぎる所に座って
いれば、体が不安定になって腰に負担がかかり、腰痛へ向かう

 

しかし、座ったままのデスクワークや長時間の運転をなさっている方は、
必要な運動をすることもなく、長時間その姿勢を保っているのです。

 

しかも正しい姿勢を保つのであれば良いのですが、身体を左右どちらかに
傾けたり、捻ったりしている方が殆どではないでしょうか?
それは、「お尻が痛い」腰が痛い」からです。

 

そんな長時間の負担を避けるために、体を捻ったりしながら一定の場所に
体重がかかり続けるのを防止しているのです。
そうすれば、お尻への負担は小さくなりますが、副作用として筋肉や骨格
に歪が生じ、腰痛や肩こりの原因となります。

 

また、下半身の筋力を低下させる、代謝を下げる、血液ドロドロを促進
するなどの身体への悪影響が懸念され、その健康への弊害は「喫煙並」
とも云われています。

 

理想的には20〜30分座ったら、2〜3分立って歩くのが良いそうですが、
お仕事中にそれをしますと「あいつ何をチョロチョロしてるんだ?」
と思われますし、車の運転中では非現実的です。
しかし、2時間座ったら10分休憩くらいは実行したいですね?

 

1日の多くを過ごす「座る」という行為なら、少しでも快適に、健康的に
過ごしませんか?

 

この様な辛い症状でお困りの方にこちらをお奨めします。

 

薄型クッション

 

圧力をあらゆる方向に分散する高性能素材 人工筋肉と言われる「ソルボ」
の薄型クッションです。
人間の筋肉は衝撃に対して素早く変形し、ゆったりと復元して衝撃を吸収し、
圧力も分散します。
「ソルボ」は、その筋肉の特性をもった特殊な衝撃吸収素材です。

 

長時間のデスクワークや車の運転でお尻が痛いという方、背筋を伸ばした
正しい姿勢でもお尻にかかる圧力を分散できます!
ほら!体を捻じったりしなくてもこんなに楽になりました!

ご自分の車の運転用に1枚・・・いや助手席にも1枚と、会社の椅子にも
1枚! これは3枚くらいは欲しくなりますよ
座り心地の改善だけでなく、腰痛対策にもなれば、これは嬉しい商品です。

 

この「ソルボ薄型クッション」1枚が、公式サイトから

 

10,584円(税込)

 

でお求めいただけます。

 

さらに10,800円(税込)以上のお買いもので、全国送料無料!

 

 

 

デスクワークです

 

 

 

 

 

体重分布

 

体験

 

長時間座ることの苦しさを知っている人は

ここをクリック!↓↓↓

 

 

これでお尻の痛みからも、腰痛からも解放されて、快適にお仕事が
できますね?

 

※エコノミークラス症候群防止のため、デスクワークや長時間の
 運転をする際には、定期的に休憩を採って体を動かしましょう。

座り過ぎはやっぱり危険

NHKの番組「あさイチ」で取り上げられた「座り過ぎ」です。

 

座り過ぎの現状と、人体に及ぼす悪影響について、解りやすく
解説されていました。

 

一言で言うと、「座り過ぎは死亡のリスクを高める」ということです。

 

座る時間

 

長時間、座り続けると、全身の7割を占める下半身の筋肉が、
ほとんど働かない状態が続きます。
すると、血流速度が次第に低下し、全身の血行が悪くなります。

 

さらに、筋肉が働くときに栄養を消費する「代謝機能」も低下し、
血液中の糖や中性脂肪がエネルギーとして消費されにくくなります。

 

こうした状態が長く続くことで、血液がしだいにドロドロになり、
ひいては心疾患や糖尿病、最近では一部のがんにもつながるのでは
ないか、と考えられています。

 

しかし、パソコンや自動車が普及した現在では、昔は人が
立って行っていた仕事も、パソコンを使用して座ったまま済
ませることができるようになりました。

 

例えば、書類を送る時にFAXを利用していた時代は、できた
書類をプリンターまで取りに行き、次にFAXの前まで歩いて
行って書類を伝送するという、「立って歩く」という行為が
必要でした。

 

しかし、今ではパソコンで作成した書類は、PDFなどに変換
して、そのままメールに添付して送れば完了となります。
座ったままで可能になりました。

 

移動手段も、電車・バスを乗り継げば、バス停までの歩きや
駅ホームでの乗り換え、改札など、必ず「立って歩く」が
伴います。

 

車移動の場合、目的地のすぐ近くまでダイレクトに移動する
ため、歩くという行為が極端に少なくなっています。
自宅や職場の駐車場が、最寄りのバス停より遠かったという
話はほとんど聞いたことがありません。

 

また、高速道路網の整備により、業務で長距離を運転する
人も増えてきました。
そして、2時間運転したら20分休憩とか、理想的な運転
は本当にただの理想です。

 

現代に生きる私たちは、昔に比べて座っている時間が伸びて
いることに間違いはありません。
立ち仕事とデスクワークの比率は5:8になっているそうです。

 

その様な状況で座り続けていると、寿命が1時間座るごとに
20分短くなるのだとか?
3時間ごとに1時間寿命が削られているんですね?
それは何も仕事をしている時だけではありません。

 

2時間ドラマを1本、座りっぱなしで見れば、40分短縮
だそうです。

 

寿命を短くしないための方法は、座った状態を細かく
中断すること!
20分〜30分座ると、2〜3分立って動く事です。

 

でもこれ、デスクワーク中にやると「落ち着きが無い」
と思われませんか?
車の運転中には絶対にできませんね?

 

次善の策が、座ったままできる座り過ぎ防止対策
「かかと上げ運動」

 

つま先に体重をかけたまま、かかとをゆっくり上げ下ろし
すると、血流速度が4倍速くなります。
エコノミークラス症候群の予防にも最適!
でも、これも運転中は無理!

 

でも、車を停めた時には是非やってみましょう!
意外と体も頭もスッキリすると思います。

 

それでも長時間座ることは必要な時代です。
長い時間ほどできるだけ楽に座りませんか?

 

 

長時間運転

リンク集